W62S

先月20ヶ月ぶりに携帯を機種変更。auも2年縛り制になったため簡単に機種変ができなくなって悩みました。

2年持たせるには全部入りじゃないと・・・的な考えでW61Sを待っていたのですが、なかなか発売されない&高い(4万?)&でかい&重いということで辞め。機能はシンプルで軽くて薄いのにしようと完全に方向転換。W62SかW61Pが候補に。

W62Sは薄くて幅が48mmと狭いのもあって持った感じがしっくりくるのと、飽き難そうなシンプルデザインが◎、昔ソニー機を使っていた時に良かったPOBOX(予測変換)でメール打ちも楽そうだし、ソニーなのに外部メモリがMicroSDなのも嬉しい!しかしネットで調べてみると十字キー周辺がキシム・メールが遅延する・着信できない(留守電に飛ぶ)という問題があるらしい(苦笑) これは携帯電話としては致命的すぎる・・・。

W61PはW62Sより薄いのですが、幅が50mmで角があるので持ち辛い感じ。シートキーは慣れるのに時間がかかりそうだったのであっさり候補から外すことに。

W62Sの問題は全端末におきてる現象ではないようで、かつきしみ問題は特定の色(色によって本体に使われている素材が違うらしい)で起きるようなのできしまない色を選んで、着信できなければ交換を繰り返して問題ない固体にたどり着けばいいやと、4/28機種変。

ショップのお姉さんに「キシマナイヤツクダサイ」と注文し、出てきた固体のボタンを十分押して「キシミ無し」を確認w ネットでは5/1にメール遅延・着信絡みのアップデートがあるとか噂になってて、じゃぁもう問題ないなと。ちなみに着信とメール受信を何度もやってみたけど自分のは全く問題なし。ソフトキーでページ送りできることに感動(今までの機種はサイドキーで押し辛かった)、変換も楽、軽い!と今のところかなり満足です。ワンセグがないという欠点ですが、20ヶ月ワンセグ機使ってきてほとんど見なかった(オールスター感謝祭の街道応援時だけ重宝)ので要らないです。ただボタンがちょっと固めでブラウジングでちょっと疲れる(苦笑)。カメラの画質はかなり悪いので、携帯ブロガーの人には勧められないです。

今回はカードのポイントをauポイントに変換して購入したので実質払ったのは2,500円。安く買えたのもあって2年持つ気はしないので、多分途中で違約金払って機種変してしまうでしょう(苦笑)

20080502w62s.jpg

PC新調(Core2 Quad Q6600)

20080106.jpg

PCスペックに不満が出てきたのもありつつ、暇すぎたのもありつつ、色んな店からパーツをポチってしまいました(笑)。今週中には一台組もうかと。↑の画像は部屋に転がっていたPentiumII300MHz。そういえばスロットタイプ時代が一瞬あったんだよねぇ、intelもAMDも。この頃は一台組むのに20万とか平気で掛かった・・・。だってこのPII300だけで8万したし(^^;

久々組むのもあってチップセットの勉強から始めました(笑)。家にある余ったパーツを流用できればよかったのですが、インタフェースがSATAに移行されてるので結局全新規購入となりそうです。OS(XP Pro)のライセンスが一個余ってるのぐらいかな使えるのは。予定では、Core 2 Quad Q6600にメモリ4G(3Gまでしか認識しないけど)、HDD500GB それでも8~9万に収まりそう。ゲームはやらない、ムービーのオーサリング・エンコードマシンです。

静音性重視したいのでオーバークロックはしない予定。というかイマドキのパーツはOC誰でもできるようになってるようですね。昔は下駄履かせたり鉛筆でカリカリやったりしてたのに(笑)。未だに使っている(親にプレゼントした)ほぼ無音PCが居間にあるのですが、これは逆に電圧下げてクロック下げてます。Athlon4-900MHzという普通店頭に売ってない石にでかいヒートシンクつけてファンレス駆動させてます。かなりお気に入りなマシンでしたが、今の時代にはちょっと処理能力が低すぎる・・・。

そんなわけで今週は暇つぶしできそうです。今週末は何か予定入るかなぁ?

Pivi活用法(PC内画像データの印刷)

FUJIFILMのモバイルプリンターPivi(MP-300)を愛用して一年半ぐらいになるでしょうか。

1.デジカメで撮影した画像をその場でUSB接続で印刷
2.高速赤外線通信IrSimple対応のデジカメで撮影した画像を赤外線で飛ばして印刷
3.携帯で撮影した画像を赤外線で飛ばして印刷。

基本的にはこの3パターンが想定されている使用方法かと思います。しかし自分で撮影した画像だけではなく、PCに保存してある画像や、レタッチ後の画像などをPivi出力したいと思うようになり、以前以下の方法を試した事があります。

1.PCとPiviをUSB接続 ⇒ ハードウェアとして認識せず
2.IrSimple対応デジカメ(FinePix F31fd)のメモリカードに画像を移して赤外線送信
 ⇒表示できない画像として送信不可
3.携帯のメモリカードに画像を移して赤外線送信 ⇒ 機種によって送信できたりできなかったり

結局できたのは3.の携帯にメモリカード経由で写して赤外線送信で、機種によっては不正なファイルと認識され赤外線送信がメニューに出てこないケースもあったりとかなり面倒でした。でも携帯で表示できない画像であっても、赤外線送信さえできてしまえばPiviに印刷できることは確認できたので、どうにかしてPiviに送信できないかと・・・。

昔のノートPCには普通にIrDAアダプタが内臓されていて、PC同士向き合わせてデータの送受信とかできたんですよね。規格が古いので通信速度が遅く今ではほとんど使われないということで排除されていったのかな?アダプタ自体売られていないか検索してみると、USBタイプのものがいくつか・・・IrSimple対応のまであるのですがとてもじゃないけど遊ぶには高すぎます(苦笑)<11,760円

いろいろ調べてて見つけたのがSD-IRU1S。1,869円とお手頃価格なのでポチッと。そして2日で到着w 早速試して見ました。(手順はWindowsXP Proの場合です)

ドライバインストール済みで正常認識させた赤外線アダプタと、電源をONにした状態のPiviを近づけます。
20071218_1.jpg


するとPC側が自動で検知!
20071218_2.jpg


赤外線通信アイコンをクリックすると送信ファイルを選択する画面が現れるので、Piviに出力したいファイルを選択。
20071218_3.jpg


ただし、この赤外線アダプタはIrSimpleには対応していない低速なものなので選択するファイルは150KB~500KBぐらいに抑えておいたほうがよいでしょう。3MBのファイルを選択したら送信だけで5分かかりました(電池勿体無い・・・)。印刷前にリサイズすることを忘れずにってことで。(640×480なVGAサイズでも十分綺麗に印刷可能です)
20071218_4.jpg


はい、無事出力完了。
20071218_5.jpg

なんか携帯の画像を赤外線アダプタ使ってPCに取り込む方法なら五萬とあるのですが、PCから赤外線アダプタを使ってデータを送信する方法って、Web上探したけど見つからなかったんですよね。同じ考えの人少ないのかなぁ・・・。

そういえば12/16に新しいPivi専用キャラクターフレームが発売になりました。
20071218_6.jpg

ティンカーベル好きというタレントさんで思い当たるのが”ふかさや”しか居ないので彼女専用で使うことになるのかな?w

Mac mini

実は初代Mac mini持ってます。当時WindowsPCは動画エンコード用にパーツの発熱量が大目のものばかりで軽いブラウジングやメールチェック用にとMac miniを購入。動いているかわからないぐらい静かだし、スリープに入れとけばすぐ起動するし、満足度高かったのですがブラウジングのもっさり感や動画再生性能の低さ(スペックが足らない・・・w)で徐々に使用頻度が少なくなり、最近は起動させることもなくなってました(苦笑)

と数日前コンポが故障。大量の音源はNAS管理してるし、寝室に静かなMac mini持ってきて無線で音源引っ張ればいいやん、とか思ってようやくMac mini復活。寝室のベッド目の前にある本棚に無理やり詰めました(笑)

macmini.jpg


本体:初代Mac mini(PowerPC G4 1.25GHz、512MB)
モニター:富士通DSTN液晶12型(5年ぐらい前に1万ちょいで購入)
キーボード:Apple純正
ポインティングデバイス:Microsoft Trackball Explorer
スピーカー:ロジクール V20

そこそこの音で気軽に聞ければいいのでこんな感じ。ちなみに自分は5年くらい前から自宅でも仕事場でもトラックボールです。手首・肩への負担軽減のために最初は使っていたのですがもうマウスには戻れません・・・(苦笑)。ノートPCもレッツノートのトラックボールモデルを5台ほど所持してますw(もうスペックが低すぎて眺めるだけに・・・) トラックボールは親指タイプもどちらもイケます。もうロジクールかケンジントンぐらいしか作ってませんけどね・・・。

そうそうまだこのMac miniプレイヤーはスタンドアロンです・・・。Mac OS対応の無線LANアダプタ探さないと・・・(苦笑) このPCにしか入ってない曲(アグリー・キッド・ジョーとかストレイキャッツとか人間椅子とか・・・バラバラすぎw)とかあってしばらくは楽しめそうですが。無線化はまた時間のある時にでも。

ついにFujifilmがxDピクチャーカードに見切りを?

米Fujifilm、xD/SD両対応スロット搭載デジカメを発表
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/01/05/5321.html

昨年末xDピクチャーカードユーザーになったばかりの自分としては気になる記事(苦笑)。xD/SD両対応スロットですか・・・「SD使えたら購入候補になっていた」と言われ続けていただけに購入層の拡大には繋がると思います。xDピクチャーカードをいきなり切らずにまず両対応はまだ親切・・・いずれは・・・。オリンパスはどうするのかな?この2社には過去スマートメディア(5V)も買わされてます(笑)。個人的には2GBで8k前後となったメモリカードごときで買いたい機種は変わらないわけですけどね。

さてFinePixF40fdとやらが発表されていて、F31fdユーザーの自分としてはこれも気になる記事。1/1.6型有効830万画素スーパーCCDハニカムHRということでCCDサイズが微妙にサイズアップして画素数もアップしているのですが、これが吉と出てるのかは実際のサンプル画像見るまではわかりません。最高感度がF31fdの3200に比べ半分の1600(モード限定で2000)、299ドルで発売予定とか見るとコレSD+顔認識+IrSimpleに対応した廉価版じゃないかと・・・。室内や暗い場所での高感度撮影時に強いのが売りのこのシリーズですが、ちょっと不安。

デザインは丸くなって・・・どちらにしろ今までどおりイマイチ(苦笑)。ズームがボタンタイプからシャッター周りのレバーになってますね。個人的にはレバータイプのほうが使いやすい気がします。どっちにしろ買い換える可能性は今のところ5%未満。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress